読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリスト教 教会へ通い始めたひとのブログ

聖書からの学び、心に残る言葉や気づきを書きます。

ステップ1☆聖書ー神のことば

ステップ

使用テキスト☞「初めて聖書を開く人のための12のステップ」

 

 

参加:3人と一匹(ツタンカーメン固定のようだ^_^;)


讃美歌を歌う

私のリクエストに賛同いただく(感謝) (*´ー`*)

☆92番「人みな喜び歌い祝え」

http://jeacs.org/navi/1_song.cgi?num=92

ジェレミー・ブレット主演の『シャーロック・ホームズの冒険』が好きな私は、
BGMとして使用されていた、この曲がずっと気になっていた。

 

シャーロック・ホームズ オリジナルTVサウンドトラック

シャーロック・ホームズ オリジナルTVサウンドトラック

 

 しかし、曲名がわからず暮らしてきたのだが、

Rさんが紹介してくれた讃美歌の中に、この曲を発見!
想い続けていれば、願いは叶う‼

 ☆126番「血しおしたたる」

http://jeacs.org/navi/1_song.cgi?num=126

マタイ受難曲(TT)が好きで聴き続けてきた私。

 

バッハ:マタイ受難曲(抜粋)

バッハ:マタイ受難曲(抜粋)

  • アーティスト: リヒター(カール),ヘフリガー(エルンスト),エンゲン(キート),ファーベルク(アントニー),ゼーフリート(イルムガルト),テッパー(ヘルタ),バッハ,ミュンヘン・バッハ管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2015/05/20
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 ▲昔カセットテープで購入し何度も聴きました(;^_^A

 

f:id:okosun:20170214165559j:image

エルサレム旧市街のヴィア・ドロローサ

 

本日の学び(聖書は神様のことば)

テキスト ステップ1の項目を順番に声を出して読みながら、

Rさんが強調したい部分、テキストへの捕捉解説。

聖書の記述

「というのは、神の言は生きていて、力があり、もろ刃のつるぎよりも鋭くて、

精神と霊魂と、関節と骨髄とを切り離すまでに刺しとおして、

心の思いと志とを見分けることができる。」

ヘブル人への手紙 4:12 JA1955

http://bible.com/81/heb.4.12.JA1955 

◇「ウィリアム・ティンダル(1494~1536年)」の殉教

◇「イランとキリスト教情勢」http://www.christiantoday.co.jp/tags/iran

◇「聖書 新共同訳の続編」http://www.bible.or.jp/know/know01/know03.html

◇大切‼☞「預言」と「予言」について

「預言」というのは神さまの御心を語る言葉

聖書の預言についての記述

「わたしたちの主イエス・キリストの力と来臨とを、あなたがたに知らせた時、

わたしたちは、巧みな作り話を用いることはしなかった。

わたしたちが、そのご威光の目撃者なのだからである。

イエスは父なる神からほまれと栄光とをお受けになったが、

その時、おごそかな栄光の中から次のようなみ声がかかったのである、

「これはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である」。

わたしたちもイエスと共に聖なる山にいて、天から出たこの声を聞いたのである。

こうして、預言の言葉は、わたしたちにいっそう確実なものになった。

あなたがたも、夜が明け、明星がのぼって、あなたがたの心の中を照すまで、

この預言の言葉を暗やみに輝くともしびとして、それに目をとめているがよい。

聖書の預言はすべて、自分勝手に解釈すべきでないことを、まず第一に知るべきである。

なぜなら、預言は決して人間の意志から出たものではなく、

人々が聖霊に感じ、神によって語ったものだからである。」

ペテロの第二の手紙 1:16‭-‬21 JA1955
http://bible.com/81/2pe.1.16-21.JA1955

今回、クリスチャンの宣教というものが、どんな迫害にも屈せずに

現在も脈々と続いていることを実感し、感慨深いものがあった。

 

お祈り

「お祈りしますか?」とRさんに問われたが、即座に辞退した。

教会で皆さんのお祈りをいつも聞いていたが、

まだまだ自分は上手く言葉にできないと感じていたため。

でも、教会でいつも母ともども(日曜日は母と一緒に参加)、お祈りをしていただき

感謝していること、お祈りは言葉に出してこそのものだと感じていること、

皆さんのお祈りは上手いなといつも感じていたことなど感想を述べた。

Hさんから、「最初は自分も、なんてみんな上手いんだろうって思ったものだった」と。

Rさんからは、

「お祈りは短くていいんだよ」とアドバイスを頂く。

 

 交わり

 Rさんご家族は、お子さん方もそれぞれが、

自分にしっくりくる訳の聖書を読んでいるということだった。

教会毎に決まった聖書を勧められるのではと思っていたが、

自由な感じがいいなと思った(^.^)。

私が「Amazon Kindle」で安く口語訳聖書を手に入れた話をすると、

ネットに繋げるならと、「YouVersion聖書アプリ」を紹介してくれた。

寝る前にタブレット使用で(雪国は寒いのでなるたけ布団から手は出さない)

使徒行伝を読み始めたことを伝えると、印象に残ったところは?

と問われ、ステパノが迫力を持ってイエス・キリストを証しする

場面と答えるとお二人とも笑顔で聞いてくれる。

聖書の勉強のほかに、ケルト音楽や近々開催のオススメコンサートの話なども

楽しかった。

本日もまた感謝でした。

 

f:id:okosun:20170218215610j:image

エルサレム旧市街のヴィア・ドロローサ

 

口語訳聖書

口語訳聖書

 

 

リバーダンス+2-Japan Only-

リバーダンス+2-Japan Only-

 

 

Pastime ☞ポイントサイト
http://www.chobirich.com/introduce/?3011399
http://www.pointtown.com/ptu/app/market/redirect.do?guid=ON&found=300071&intrid=iKxP7KkTsUY5Z