読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリスト教 教会へ通い始めたひとのブログ

聖書からの学び、心に残る言葉や気づきを書きます。

私へのメッセージ その2

メッセージ

Rさん、Hさん、ツタンカーメン(猫) との学びを経験。

 

 

 

教会福音讃美歌(ステンドグラス)

教会福音讃美歌(ステンドグラス)

 

 

昨年11月末から、日曜日は教会での礼拝に母と出席(正月は2週休む)、させていただいている。

母は自称無信仰者、病気の娘を心配し付き合っているというのは建前で、

教会の皆さんとの交流が、決して嫌そうではない^_^;。

 

これまでの私にとって、聖書はその内容がどこか現実的なものとは感じられなかった。

登場する人々も実在したのか、フィクションなのか、

内容は素晴らしいことが書かれているのだろうけど、

特に旧約聖書は読み始めるとすぐに眠くなった。

ところが、近頃は史実として人の営みを興味深く感じたり、言葉のメッセージ性を強く感じたり、

牧師さんの説教や教会の方々のお話を聞いていても眠くなるどころか、何でも興味深く、

今まで誰かに相談してみたかった人生を生きていく中で感じる疑問、

それらに対する回答や考え方の指針が、聖書のことばからシャワーのように降ってくるようで、

また、それらが一つ一つ府に落ちることに驚きとともに(゜ロ゜)💦喜び(*´ー`*)である。


f:id:okosun:20170223184616j:image

 伝道の書 3:11 JA1955 http://bible.com/81/ecc.3.11.JA1955

 

そして、ここまでの気づき

  1. 聖書の言葉は真理を語り無駄がなく、唯一無二のものである
  2. 私の頭の中は、玉石混淆のカオスである
  3. 宗教とは魂の救いの問題である

 
f:id:okosun:20170301131116j:image

 申命記 4:19 JA1955 http://bible.com/81/deu.4.19.JA1955

 

そして、これからは「神の武具」を

病気になって仕事も辞め、玉川温泉へ通いながら(冬期間はお休み)、

私が教会で聖書を学ぼうと思ったのは、

今までの生き方が間違いだったと納得したから。

日曜日、「青銅の蛇」(民数記21:9)の説教をされたL先生が、

現代社会の教えは「自分を信じなさい」ということだとおっしゃった。

いかにも自分の生き方だったと思った。

それでも、信じきれなかったせいで、そのときどきで、探し求めてきたもの達が玉石混淆だった。

オカルト的なものにもかなり足を突っ込んできた…(゜o゜)\(-_-)

と今だからわかるのだ。

☞当ブログ:http://okosun.hatenablog.com/entry/2017/02/21/094702

今、私が読むべき本!!目から鱗(*_*)「鎖を解き放つ主

救われる気がします‼\(^o^)/

 

鎖を解き放つ主

鎖を解き放つ主

 

 

聖書のことば

f:id:okosun:20170223201452j:image

 エペソ人への手紙 6:10‭-‬18 JA1955 http://bible.com/81/eph.6.10-18.JA1955

指針となるサイト

http://penguinclub.net/sermons/eph/eph6-13.html 

http://penguinclub.net/sermons/eph/eph6-17.html

https://www.gotquestions.org/Japanese/Japanese-full-armor.html

 

f:id:okosun:20170221175914j:plain

我が町の「かぶと岩」が何だか誇らしい(´- `*)

「私は自分を信じません」「私は神を信じます」

アーメン。

 

口語訳聖書

口語訳聖書

 

 

Pastime ☞ポイントサイト

http://www.chobirich.com/introduce/?3011399

http://www.pointtown.com/ptu/app/market/redirect.do?guid=ON&found=300071&intrid=iKxP7KkTsUY5Z