読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリスト教 教会へ通い始めたひとのブログ

聖書からの学び、心に残る言葉や気づきを書きます。

ステップ4☆神からの救い主

使用テキスト:「初めて聖書を開く人のための12のステップ」

 

 

ガイド:Rさん(牧師さんの奥さん アメリカ人 風邪気味) 
    Hさん(今回の勉強会を勧めてくれた方)
    牧師さん夫婦の飼い猫(通称ツタンカーメン?)

 

本日の讃美

304番「恵みのひびきのhttp://jeacs.org/navi/1_song.cgi?num=304

TUNE = AMAZING GRACE
初行 = Amazing grace, how sweet the sound
分類 = 救いの御業・救いの恵み
主題 = 救いの恵み 恵み、神の 
聖句 = エペソ人への手紙2章5節

 

443番「人生の海の嵐にhttp://jeacs.org/navi/1_song.cgi?num=443

TUNE = THE HAVEN OF REST
初行 = My soul in sad exile
分類 = 信仰の歩み・平安
主題 = 試練 平安 
聖句 = 詩篇107篇30節

 

122番「主イェスの死なれたhttp://jeacs.org/navi/1_song.cgi?num=122

TUNE = HAMBURG
初行 = When I survey the wondrous Cross
分類 = イエス・キリスト・受難と十字架
主題 = キリストの受難と十字架 献身 
聖句 = マルコの福音書15章39節, ピリピ人への手紙3章7-8節

教会福音讃美歌(ステンドグラス)

教会福音讃美歌(ステンドグラス)

 

 

f:id:okosun:20170310192304j:image

▲受胎告知教会

本日の学び(Amazing Grace)

アダムが罪を犯して以降、創造主である神(父)から離れてしまった私たちは、

真実、幸福に生きることができず、癒しを探し求めて彷徨い続けている。

父なる神は私たちを、御許へ連れ戻すために

聖書(神様の言葉)」と「イエス・キリスト(救い主)」をつかわしてくださった。

イエス・キリストは奇跡を通して自分の神性を証明する。

(「父(神)、子(イエス)、聖霊」は三つのペルソナを持ちながら三位一体の一つの神である。)

神であるイエス・キリストが、罪を犯して神から離れている私たちを救うため、

人として、処女から生まれる。

罪のない神の御子イエス・キリストが、

私たちの代わりに十字架で死ぬためにお生まれになったのは、

弱く、汚れた私たちへの神の愛、神の恵みである。

まさに、「Amazing Grace」(*´ー`*)

☞テキストから

「なぜ人の方から神に近づけないか、神ご自身が人間となって

くださらなければならなかったか?」

については後程(今後の学び)

ステップ6☆あの預言者 - キリスト教 教会へ通い始めたひとのブログ

 

 

本日のQ & A

:第一コリント(一通り読んだ)によく出てきた「異言(いげん)」とはなんでしょう?

テキストの内容に関係なし…^^;

Rさんさんがバンダナをいつもかぶっているのは、第一コリント11:3-6のせい?

これは言わなかったけど。

☞参考 異言 - Wikipedia

A:Rさん►第一コリント12ー14章指摘。

 Hさん►パウロは「預言(御言葉を語ること)をお大事にしなさい」と話す。

 

seishonyumon.com

 

交わり(映画 祈り 洗礼)

Rさん(^0_0^)は、遠藤周作 の作品を映画化した沈黙 -サイレンス-を観て、

クリスチャンとしての自分を多いに考えさせられたと言っていた。

世の中はどうにもならないことが多いが、イエス様を信じて、

イエス様がなさったように、自分の気持ちより人の気持ちを思いやること、

人を愛することが大事と言われた。

三浦綾子塩狩峠を再度読んでみるよう勧められた

(私は大昔読んで、映画も観たが記憶はおぼろ^_^;)。

Hさんは、人に対してイライラ思う時もあるが、

そんなときは、「この人のことも私と同じように神様が愛してくださっているんだよな」

って思うからと話す。

自分の罪を自覚しているけど、自分ではどうにも解決できないから、

神様助けてください」とお祈りする。

Devotion(聖書の通読、祈り、神との交わり)を大事にしているということだった。

 

あとは、お二人から洗礼を受けるということに関して、

卒業式と思って(まだ勉強が足りないと)二の足を踏む人もいるが、

入学式と思った方がいいというお話だった。

Rさんが10才のときに洗礼を受けた動機は、可愛らしいものだったそうだ。

心から神を知ったのは、神学校を経て30才になってからだと語っていた。

今回は、いつからか「自分は正しい、自分は間違っていない」

という妙な自信や想いが強くなって、

人に自分の考えを押し付けがちだったなと気づかされ、

もうそんな思いは抱かないようになりたいなと思った。

「神様こんな私ですが助けてください。アーメン」

本日も感謝でした(^.^)

f:id:okosun:20170301113055j:image

 ローマ人への手紙 10:9‭-‬11 JA1955 http://bible.com/81/rom.10.9-11.JA1955

 

口語訳聖書

口語訳聖書

 

 

沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)

 

 

塩狩峠 (新潮文庫)

塩狩峠 (新潮文庫)

 

 ▲小学生の時だったか?公民館で映画を見た気がします

 

www.pointtown.com

 

Pastime ☞ちょびリッチとは?