読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キリスト教 教会へ通い始めたひとのブログ

聖書からの学び、心に残る言葉や気づきを書きます。

聖書の周辺★教会に行くことは必要ですか

Q.教会に 行かなくてもネット等の媒体で繋がろうというサイトをみました。

そういう主張はどうなんでしょう?

 

www.gotquestions.org

 

www.christiantoday.co.jp

 

Answers leader

《 Rさん(^0_0^)》

►ローマ12章 一部抜粋

喜ぶ者と共に喜び、泣く者と共に泣きなさい。
ローマ人への手紙 12:15 JA1955
http://bible.com/81/rom.12.15.JA1955

教会は必要です。

ネットない時代は、ラジオ・本。悪くない。

でも、一人で考えると軌道修正できないでしょう。

人の話に耳を傾けない。

信仰から離れやすい。

昔からそういう問題ありました。

 

でも人が集まると、

縛られる(束縛)、

人間関係難しい、

何か負わされる等思うもの。

 

いい教会の特徴は色んな人(年齢、職業、国籍等)が一緒になれること。

会って、お互いに励まし合って、許しあって、愛し合うこと。

理想があって教会に行くとガッカリすることもあるけど、聖書を読んで、

聖霊様に頼って解決に向かう。

それで神様素晴らしいと思う。

(信仰を持つ喜びということかなf(^_^))

自分の罪に気づくためにも必要です。

 

►第一コリント12章 一部抜粋

あなたがたがまだ異邦人であった時、誘われるまま、

物の言えない偶像のところに引かれて行ったことは、

あなたがたの承知しているとおりである。
コリント人への第一の手紙 12:2 JA1955
http://bible.com/81/1co.12.2.JA1955

「教会に来る前はずっとフラフラしてたでしょう?(^0_0^)☆」

「はい(-_-;)…」

あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。

そして、神は教会の中で、人々を立てて、第一に使徒、第二に預言者、

第三に教師とし、次に力あるわざを行う者、次にいやしの賜物を持つ者、

また補助者、管理者、種々の異言を語る者をおかれた。
コリント人への第一の手紙 12:27‭-‬28 JA1955
http://bible.com/81/1co.12.27-28.JA1955

「教会はイエス様の体という喩えです(^0_0^)」

 

詩篇66:8ー12

もろもろの民よ、われらの神をほめよ。

神をほめたたえる声を聞えさせよ。

神はわれらを生きながらえさせ、われらの足のすべるのをゆるされない。

神よ、あなたはわれらを試み、しろがねを練るように、われらを練られた。

あなたはわれらを網にひきいれ、われらの腰に重き荷を置き、

人々にわれらの頭の上を乗り越えさせられた。

われらは火の中、水の中を通った。

しかしあなたはわれらを広い所に導き出された。
詩篇 66:8‭-‬12 JA1955
http://bible.com/81/psa.66.8-12.JA1955

 大変なときに助けがあります(^0_0^)。

 

 ►第一コリント10:13

f:id:okosun:20170414102509j:image

 

 《Hさん(^_^)》

仕事して、家事して、教会に奉仕して、

大変なこともあるけど信仰が守られるね。

わたし今大変なの。

娘と関係こじれて(詳細略)、

仕事も来月から他のフロアにヘルプで入らなくちゃいけなくてetc. 

ここ10年楽しく働いて来たことが嘘みたいに今つらくて…。

「祈ってください!!💦」

Hさん、唐突に切実な悩みを…

いつも明るく元気で楽しそうなHさん。

驚きw(゜o゜)wでしたが、そうかそうだよね。

にんげんだもの」ですね(´- `*)。

本当に人は弱く罪深い。

天変地異でも起こらないと気づかず生きている。

何かあったときに、人のありがたさ、残酷さ、自身の無力さを知り、

生かされていることを思い出す(-_-;)…

やっぱり神様と繋がっていないと愚かなことをするな…(絶対!!( ̄▽ ̄;)!!)

ヒッピー・ムーヴメント(-。-)y-~な時代もあったしね💧

以前、Rさんも「自分の罪だけで精一杯ですね」と言っていたことを思い出した。

youtu.be

あなたがたは、罪と取り組んで戦う時、

まだ血を流すほどの抵抗をしたことがない。

また子たちに対するように、

あなたがたに語られたこの勧めの言葉を忘れている、

「わたしの子よ、主の訓練を軽んじてはいけない。

主に責められるとき、弱り果ててはならない。

主は愛する者を訓練し、受けいれるすべての子を、

むち打たれるのである」。

あなたがたは訓練として耐え忍びなさい。

神はあなたがたを、子として取り扱っておられるのである。

いったい、父に訓練されない子があるだろうか。

ヘブル人への手紙 12:4‭-‬7 JA1955

http://bible.com/81/heb.12.4-7.JA1955

☞参考 初めて教会に行く人のために

 

 

youtu.be

▲神への反抗期もほどほどに(i_i)\(^_^)☆

 

 

新約聖書 スタディ版 わかりやすい解説つき聖書 - 新共同訳

新約聖書 スタディ版 わかりやすい解説つき聖書 - 新共同訳

 

 

 

mydoki.jp